リバウンド対策法

リバウンド対策法

リバウンド対策で一番大切なことはホメオスタシスの機能をよく理解する事です。

 

ダイエット効果を急ぐ人は、空腹をこらえた食事量を大幅に減らすような食事の変え方をします。

 

直後のダイエット効果は実感しやすいかもしれませんが、リバウンドしやすいという欠点があります。

 

ダイエットの中には、短い期間で大幅に体重を減らすことができる方法であることを売り文句にしているものも少なくないようです。

 

リバウンドという観点からいえば、短期間のダイエットは非常にリバウンドしやすいものです。

 

リバウンドが起きると、せっかく減った体重が元の数字に戻ってしまうことになります。

 

1カ月のダイエットで減らす体重は、全体重の5%以下にしましょう。でないとリバウンドしやすくなります。

 

体重の5%以上の減量をしてしまうと、体は緊急事態と認識して、ホメオスタシスの機能が働いてしまいます。

 

体重の減り幅が少なくなる停滞期に入るのは、このような理由からです。

 

リバウンドの最中にダイエットの継続を挫折し、元の食事に戻すと、一層体重が増えやすくなってしまいます。

 

一度停滞期に入ってしまったからといって諦めずにダイエットを続ければ、体は今が危機状態でないことを理解し、再びダイエットのしやすい体に戻ります。

 

ダイエットを頑張っているのに効果がないと、停滞期まっ盛りでダイエットをやめる人もいますが、そういう中断の仕方をするとダイエットの頑張りが意味のないものになってしまいます。

 

リバウンドをあまり気に病みすぎず、ダイエットをすればまず起きるものだと考えて、気楽にダイエットを続けましょう。

 

リバウンド対策とは、時間をかけてじっくりダイエットをすることです。長続きしそうなダイエット方法を選んでください。

 

岩手脱毛サロン